前へ
次へ

これだけは守りたい、親への結婚挨拶のマナー

二人の間で結婚することが決まったら、真っ先に行いたいのがお互いの親への結婚挨拶でしょう。
まずはそれぞれが自分の親に、結婚したい相手がいることをきちんと話し、結婚挨拶の日程を決めることができます。
基本的には、女性が男性側に嫁ぐという理由から、先に女性側の親に結婚挨拶を行って結婚の承諾を得た後、男性側の親に挨拶を行うことになるでしょう。
相手の家に結婚挨拶に伺う時には、手土産を持参することになりますが、ご両親の好みなどを事前に聞いて喜ばれるものを準備しておくことが大切です。
当日の服装や身だしなみも非常に重要なポイントとなりますが、男性であればスーツ、もしくは上下セットではないジャケットとスラックスといった服装が一般的です。
相手の家にあがることになるため、靴下も綺麗で清潔感のあるものにする必要があります。
女性の場合は、上品かつ清潔感あふれた装いが望ましく、ワンピースやスカートがよいでしょう。
控えめで自然なメイクを心がけ、派手な印象を与えないよう注意するのがポイントです。

Page Top